ヒゲ脱毛について

いま男性の間でも脱毛が人気です。その中でも特に人気が高いのがヒゲ脱毛。

1

おしゃれな男子の間ではヒゲ脱毛は常識になっています。

  • ヒゲ脱毛をするとひげそりによって肌を傷つけることがなくなる
  • ヒゲの跡がなくなるため若くみえる
  • 毎日の手間がなくなる

などとさまざまなメリットがあります。とくに肌が弱い方はひげそりによって肌あれをおこしますので思い切ってヒゲ脱毛をうけることをお勧めします。

それにしてもヒゲ脱毛にはさまざまな種類があります。脱毛エステ、クリニック、脱毛器などなど。

それらの違いを当ブログでは紹介し、ヒゲ脱毛を考える方に有益な情報を発信していこうと思いますのでよろしくお願いします。

なお、このブログでいうヒゲ脱毛とはすべて光脱毛を指します。光脱毛はヒゲを根底から除去してくれますのでお勧めの脱毛法なのです。

カテゴリー: ヒゲ脱毛の基礎知識 | コメントする

光脱毛について詳しく知りたい!

先ほどは「レーザー脱毛」について見てきたので、今回は「光脱毛」についての詳細の記事になります。

光脱毛はレーザー脱毛と違い、無資格でも行うことができます。このことからも分かるように、「威力」という意味では、大きく劣ります。そのため、レーザー脱毛の倍近くの回数を通う必要があります。

06b5955b3585c9bc25b3a30ee32f841b_s

ただし、光脱毛の場合、その威力の弱さからか、痛みはレーザー脱毛に比べて格段に軽いです。そのため、特に痛みに弱いひとなどは、「効果よりも痛みの軽減」とあえて光脱毛を選択するひともいます。

各社でいろいろな機械を打ち出しており、独自色を出してはいるものの、「威力が弱いからこそ無資格でも扱える」というのが大前提にあるため、どれも「効果」という意味ではあまり変わるところはありません。

痛みに関しては部位によって差がありますが、ヒゲは結構痛みが強いと見るべきでしょう。女性の脱毛の場合、光脱毛の方が「無制限」が多いのですが、男性のヒゲ脱毛の場合は湘南美容外科などのほんの一部ではありますが、「無制限」でやってくれるところもあります。ただ、メンズエステなどを使うと、「総合的な美のプロジュース」が可能であるところが嬉しいですね。

もともとヒゲが薄く、それほど手入れを必要としない、というひとの場合、クリニックのレーザー脱毛よりエステの光脱毛を選ぶ方がメリットは多いです。値段も安くすみますし、痛みも少なくてすみます。

尚、家庭用脱毛器にはレーザーを使ったものと光を使ったもの両方ありますが、このときの威力という

カテゴリー: ヒゲ脱毛の基礎知識 | コメントする

レーザー脱毛について詳しく知りたい!

「エステ」や「病院」のところでも軽く触れた「レーザー脱毛」について、もっと詳しい情報をみていきたいと思います。

3480aafe9950417a051775c973327a34_s

レーザー脱毛は、医師のみしか扱うことのできない非常に強い機械です。その効果は光脱毛の数倍だと言われています。正確な○倍、というのがはっきりしているわけではありませんが、レーザー脱毛の1回分の脱毛が光脱毛の3回分、3回分の脱毛が光脱毛の6回分、そして6回脱毛が光脱毛の「期間、回数無制限」とほぼつりあっていると言われています。

体感的なもので申し訳ないのですが、レーザー脱毛を扱っているクリニックは、エステのそれとは違い、ほとんど「期間、回数無制限」のプランは行っていません。これは「6回の脱毛でも十分効果がある」ということの傍証でもあるのでしょう。それほどにレーザー脱毛は強力なものなのです。

その強力さゆえ、「医療行為」と位置づけられているという面があります。また、とても威力が強いため、痛みも結構あります。

今はアレキサンドライトレーザー脱毛とダイオードレーザーの二種類がありますが、アレキサンドライトレーザー脱毛は「輪ゴムで肌をバチンッとはじかれたような痛みが」、ダイオードレーザー脱毛は「針で皮膚をチクチクさされるような痛みが」あると言われています。

アレキサンドライトレーザー脱毛は皮膚冷却式であり、2000年に「どんな肌でも永久的に永久減耗が可能である」というお墨付きをもらっています。

ダイオードレーザー脱毛は1999年に、「日焼けした肌や色素が既に沈着している肌でも照射可能」と、アレキサンドライトレーザー脱毛に比べて幅広い範囲のひとに照射できることで知られています。

尚、アレキサンドライトレーザー脱毛でもダイオードレーザー脱毛でも、その効果にはほとんど差異がありません。そのため、特に皮膚が黒い、日焼けをする職業である、などのような事情がないのであれば、「痛みの性質」「価格」などによって選んでも良いと思います。

カテゴリー: ヒゲ脱毛の基礎知識 | コメントする